低年齢からの矯正治療


"プレオルソ"こども歯ならび矯正法、ムーシールド治療法のご案内

プレオルソ
ムーシールド™

幼稚園あるいは保育園の歯科健診で歯並びや噛み合わせの異常を指摘され、不安や疑問があってお困りの場合は、早めに矯正歯科専門の医療機関に相談されるといいでしょう。
林矯正歯科では、低年齢のお子さんでも使用可能なマウスピース型の矯正装置『プレオルソ』および『ムーシールド™』を利用した矯正治療を行っております。
取り外しのできるマウスピース型の矯正装置を使用することにより、永久歯が生えそろうまで待たずに、低年齢からの矯正治療が可能になりました。
すぐにマウスピース型の矯正装置による治療を開始したほうが良いのか?しばらく待ったほうが良いのか?どのような治療方法を選択したら良いのか?治療費はいくらかかるのか?など、不安な方は是非、林矯正歯科にご相談下さい。

「プレオルソ」 こども歯ならび矯正法とは?

いろいろなタイプの歯並びを正常な状態に改善することができます!

小児の大切な時期にこそ「プレオルソ」です。

永久歯に生えかわってからでは、全ての歯にブレース(固定式の矯正装置)をつける、 いわゆる「本格矯正」になりますが、「プレオルソ」は小児(6才〜10才) の骨の軟らかい時期でないと効果が出にくいのです。

マウスピース式タイプなのでお子様が嫌がりません。

固定式の矯正装置は、違和感や痛みがあります。取り外しのできる「プレオルソ」は、違和感と痛みが最小限になります。装着時間は就寝時と家にいる時のみの装着で十分です。また、食事の時に装置が外せますので、虫歯の心配も少なく育ち盛りのお子様にも安心です。

必要十分。実用的な「咬みあわせ」と「歯ならび」を実現します。

「プレオルソ」は、ブレース(固定式の矯正装置)を用いて治療を行う本格矯正とは異なり、必要十分で実用的な80点の「咬みあわせ」と「歯ならび」を目指します。

「プレオルソ」の治療効果とは?

  • 前歯の並びを改善します。
  • 噛み合わせを改善します。
  • 舌のトレーニングができます。
  • 口元の筋肉を整えます。
  • 習癖(指しゃぶりなど)を改善します。
  • 鼻呼吸を促します。
  • 歯列を広げることができます。
  • 受け口や出っ歯を治します。

矯正治療の最終的な目的は「大切な歯が一生機能する歯並びを得ること」です。
しっかり噛め、鼻で呼吸し、後戻りしにくい噛み合わせと歯並びが得られるよう、歯を取り巻く環境を整えてあげましょう。

  • 携帯電話サイト
  • 携帯サイトqrcode QRコード対応のフィーチャーフォンで読み取ると、専用のページがご覧になれます。
▲PAGE TOP